動脈硬化検査のご案内

2011-04-23

日本の3大死因は「癌」「脳血管疾患」「心疾患」です。そのなかでも脳血管疾患と心疾患は血管の壁が厚く、固くなって弾力性が失われ、血管が狭くなってしまう動脈硬化が原因です。

動脈硬化を放っておくと・・・

脳出血:脳の血管が破れてしまう病気

脳梗塞:脳の血管がつまってしまう病気

狭心症:心臓を栄養する血管が狭くなって起こる病気

心筋梗塞:心臓を栄養する血管の血流がとまり心筋が壊死する病気

こんな方は注意!

動脈硬化が進みやすくなる状態。40歳以上で思いあたる方は検査を受けることをお勧めします。

動脈硬化測定の方法

検査方法はとても簡単です。

わずかな検査時間ですみます:実際に測定にかかる時間は5分ほどです。

血圧を測るのと同じ感覚です。:両手両足の4か所の血圧を同時に測定するだけなのでほとんど痛みはありません。

検査手順

  1. ベットに横になって血圧計を装着
  2. 測定中は安静にしてください。
  3. 測定結果をもとに今後の生活や病気に関するアドバイスを受けます。

PWV(pulse Wave Velocity): 脈波伝播速度

心臓から押し出された血液により生じた拍動が、血管を通じて手や足に届くまでの速度のことで、脈波伝播速度といいます。血管が固い程、その速度は早くなります。

ABI(Ankle-Brachial Index)

足首と上腕の血圧の比を測定することで血管の狭窄の程度が分かります。健常人の場合、足首血圧は上腕血圧より高いのが普通ですが、足の動脈が脂質等で詰まったりすると、血流が悪くなり上腕の血圧より低くなり、ABIの値が低くなります。

参考:オムロンヘルスケアパンフレット
Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.