腹痛

病態・診断

腹痛は日常の診療で多い訴えのひとつです。いつから腹痛があるのか?おなかのどこが痛いのか?どのような痛みなのか?などを問診させていただき、診察をしています。多くは下痢を伴う感染性胃腸炎であり、食事療法、内服療法により数日間で改善しますが、症状が強い場合、長期間持続する場合は精密検査が必要です。血液検査、腹部エコー検査(肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、腹水の有無チェック)、胃カメラを行う必要があるかもしれません。特に注意しないといけない腹痛は、激しい痛み、お腹が硬い、お腹を押して離したとき響くような腹痛(腹膜刺激症状)であり、このような所見がある場合腹膜炎を合併している可能性があり、外科的手術が必要なことがあります。

治療

 腹痛は内臓痛と体性痛の2種類があります。鎮痛薬は,あくまで対症薬であり原因療法ではありません。

内臓痛

腸管の蠕動による周期的に腹痛。発汗、吐き気など伴うことが多い。感染性胃腸炎、急性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胆石、尿路結石、胃癌、炎症性腸疾患、大腸癌、胆嚢炎、尿管結石、イレウスなどがあります。最近注目されているのが機能性胃腸症(Functional Dyspepsia:検査正常の上腹部の痛みまたは不快感)です。

腹痛の原因で胃炎や潰瘍が疑われる時
1)ガスター   またはアシノン、
2)PPI(タケプロン、ネキシウム、パリエット、オメプラールなど)

腹痛の原因で感染性胃腸炎が疑われる時
1)レベニン  (整腸剤)   2)ビオフェルミン  3)ラックビー   4)ミヤBM

腹痛があり鎮痛が必要な時:抗コリン薬(腸管の運動を止める薬)の注射または内服を処方します。
1)ブスコパン注射または内服 
 

体性痛

 体性痛は、腹膜の炎症、機械的、血流の障害などによって起こる鋭い腹痛です。腹痛の部位がはっきりわかることが多く、腹痛は持続的です。主な疾患として潰瘍の穿孔(穴が開くこと)、急性虫垂炎(俗に言う盲腸)、急性腹膜炎イレウス(腸がつまる)急性膵炎(アルコール飲む人)急性胆嚢炎(胆石がある人)等があります。鎮痛薬としては非ステロイド系鎮痛薬(NSAIDs)、麻薬性鎮痛薬を使用する。これらの病気に対しては緊急に治療が必要です。
痛み止め (基本的には診断がついてから使用します。)
1)ボルタレン坐薬
2)ロキソニン錠

 

 

  長岡内科医院 呼吸器内科消化器内科循環器内科内分泌代謝内科

住所:福岡県大牟田市倉永66-1  地図はこちら 

(ふくおかけんおおむたしくらなが66-1)
TEL:0944-58-0909    FAX:0944-58-0911

WEBからのお問合せはこちらから

大牟田、みやま市の高血圧、糖尿病、生活習慣病病院なら長岡内科医院
Copyright (C) 長岡内科医院 All Rights Reserved


 
 

Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.