貧血

病態

貧血とは体の中の赤血球(血液中の酸素を全身に運ぶもの)が少なくなり、労作時の動悸、息切れ、倦怠感、易疲労感、めまい、頭痛、集中力低下などの症状が起こる。特に運動時などに、動悸、息切れがみられる。 慢性の貧血は特に症状がないことがあるが、放置しておくと心不全などの臓器障害を起こします。成人男性が13g/dl以下、成人女性が12g/dl以下と定義されています。

 原因

貧血の原因は赤血球産生の低下、または赤血球の破壊・喪失の増加です。

赤血球喪失

鉄欠乏性貧血:出血などで赤血球を失うと、材料の鉄が足りなくなるため。

ビタミン不足

巨赤芽球性貧血:造血に必要なビタミンB12や葉酸摂取が不足した場合に起こる貧血。
悪性貧血:自己免疫障害によって起こるビタミン不足による貧血。

二次性貧血

癌や慢性炎症により低栄養状態となるための貧血。

 溶血

赤血球が破壊されることを溶血といい、 赤血球が足りなくなる貧血を溶血性貧血という。
自己免疫性溶血性貧血、発作性夜間血色素尿症、バンチ症候群、鎌状赤血球症、遺伝性球状赤血球症、サラセミア

血液疾患

赤血球を十分産生できない場合と異常な赤血球しか産生できない場合があります。
再生不良性貧血(AA)、赤芽球勞(PRCA)、骨髄異形成症候群(MDS)

治療

重症貧血の場合は、輸血する必要がある。
鉄欠乏が原因の場合は鉄剤の投与をするが、経口の鉄剤は副作用として吐き気が起こることが多い。
炎症や腫瘍、血液疾患などの場合には原因の診断をし、貧血の種類に応じて治療をします。

緊急処置

大量の出血の場合にはショック状態となるため危険な状態です。ヘモグロビン(Hb)6-8g/dl以下は輸血が必要な場合が多いです。

鉄欠乏性貧血

病態

 日本人女性の1割前後が鉄欠乏性貧血であり、鉄欠乏性貧血が、貧血の約70%を占めています。慢性の貧血状態に慣れてしまっていることが多く、検診などで貧血を指摘されたり、動悸、息切れ、倦怠感といった貧血症状が出る人もいます。また,匙状爪(スプーンネイル)、異食症、舌乳頭の萎縮、嚥下困難といった症状が出ることもあります。

治療

鉄欠乏性貧血は鉄欠乏が原因であり、何故鉄が足りなくなったかを調べます。消化管出血は便が黒くなりますが、少量出血の場合見た目でわからないため、便潜血の検査をします。女性は過多月経、子宮筋腫など婦人科疾患が多いため、必要時は婦人科受診していただきます。原因に対し治療するのが原則となります。
鉄が足りなければ、鉄剤内服、または鉄剤注射による治療をします。

内服治療

吐き気、便秘、腹部不快感などの副作用が出ることが多いですが、服用の継続が重要であり、副作用がある場合、服用法(時間,服用量など)適宜調整していただきます。また便が黒くなります。貯蔵鉄が正常値になるまで数ヶ月間は内服が必要です。
1)フェロミア(50) 2-4錠 1-2回にわけて

鉄剤注射治療  (鉄剤内服の副作用が強い場合)

1)フェジン

 

 

 

  長岡内科医院 呼吸器内科消化器内科循環器内科内分泌代謝内科

住所:福岡県大牟田市倉永66-1  地図はこちら 

(ふくおかけんおおむたしくらなが66-1)
TEL:0944-58-0909    FAX:0944-58-0911

WEBからのお問合せはこちらから

大牟田、みやま市の高血圧、糖尿病、生活習慣病病院なら長岡内科医院
Copyright (C) 長岡内科医院 All Rights Reserved

Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.