循環器内科

循環器とは心臓を中心にした体全体の血液の循環に関する病気を扱います。血圧が高い(高血圧)、脈がとんだり動悸がする(不整脈)。動くと息が苦しかったり、胸が痛い(狭心症、心筋梗塞)などの症状がある方は心電図、胸部レントゲン写真、血液検査などを行います。当院では高血圧治療に力を入れています。診察室で血圧測定後、病態に適したお薬を処方させていただきます。虚血性心疾患が疑われた場合は提携病院に紹介させていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

循環器内科疾患

  • 高血圧:診察室で血圧を測らせていただきます。血圧が高いだけでは自覚症状はほとんどありません。高血圧が持続すると色々な病気のリスクが高まります。臓器障害がおこる前に治療をしましょう。
  • 胸痛:胸痛は虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)などの重症の疾患があり、胸部レントゲン写真、心電図、血液検査などでの検査でスクリーニングさせていただきます。
  • 不整脈:不整脈とは、脈が飛んだり、早くなったりすることで、脈の回数やリズムが不規則であることをいう。症状としては、動悸、めまい、胸部の違和感、息切れ、胸痛などがあります。
  • 狭心症:一時的に心臓に血液が不足し、胸痛(狭心痛)を起こす疾患です。胸痛の時間は数分間のことが多く、30分以上持続する場合は心筋梗塞への移行が考えられます。
  • 心筋梗塞:心筋梗塞:冠動脈(心臓を栄養する血管)の閉塞や狭窄により心筋が壊死した場合に起こります。締めつけられるような激しい胸痛が30分以上持続します。救急疾患のひとつです。心電図で特徴的な波形を示します。
  • ショック状態:末梢の循環不全であり、臓器は低酸素血症となり不可逆的な障害を受ける状態。
  • 心不全:息切れ、むくみ(浮腫)、全身倦怠感など心機能が低下した状態。
  • 心房細動:心臓の上の部屋が震えている状態。持続すると脳塞栓のリスクが増加する。それを防ぐには抗凝固療法が有効です。

 

心電図(ECG):心臓の電気の様子をグラフの形に記録するもので、心臓の病気の診断に有用です

 

 

 

長岡内科医院 (呼吸器内科消化器内科循環器内科内分泌代謝内科

住所:福岡県大牟田市倉永66-1  地図はこちら 

     (ふくおかけんおおむたしくらなが66-1)
     TEL:0944-58-0909         FAX:0944-58-0911

大牟田、みやま市の高血圧、糖尿病、生活習慣病病院なら長岡内科医院
Copyright (C) 長岡内科医院 All Rights Reserved

 

Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.