花粉症

病態・診断

 花粉症は花粉が目は鼻粘膜に入ることによっておこるアレルギーで、症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりの鼻症状のほか、目のかゆみ、涙、目の充血が起こる季節性の病気です。花粉の多い日にはノドのかゆみや痛みがあることもある。スギ、ヒノキ、イネ,ブタクサなどが主な花粉です。
 診断は、季節性に症状があること、花粉の飛散の時期により、症状の発現時期が異なります。スギ(2-4月)、ヒノキ(3-5月)イネ科(4-10月)、ブタクサ(8-9月)など参考にして、皮膚テストや、アレルギーの原因を調べる血液検査(血清IgE抗体、当院で施行可能)をすることもあります。

治療

重症度に応じた花粉症に対する治療法をします。基本的に①花粉の除去と避けること、②薬物療法が治療の主体です。
花粉が部屋に入らないように努め、吸入しないようにメガネ、マスクを着用が有効。
毎年症状が繰り返すのであれば症状が起こる前の治療が効果的であることが研究でわかりました。

1.症状が起こる前

毎年強い花粉症の症状のある方は、花粉症の起こる期間のの1-2週間前から第2世代抗ヒスタミン薬で治療を開始し、花粉症の季節が終わるまで続ける。
くすり: 眠気などの副作用が少ないくすりを使用します。
1)クラリチン  (第2世代抗ヒスタミン薬)
2)アレグラ    (第2世代抗ヒスタミン薬)
3)ニポラジン  (第2世代抗ヒスタミン薬)
4)リボスチン点鼻 (抗ヒスタミン薬)

2.花粉症が起こってからに受診する患者

重症度に応じてくすりの内容を選択します。くしゃみ・鼻水で、生活に支障がない場合では抗
ヒスタミン薬など使用し、生活の支障がある患者では鼻にステロイド剤や抗ヒスタミン薬を噴霧する治療を検討します。尚、鼻閉の強い患者は抗ロイコトリエン薬を加えて治療します。
くすり
 1)に2)-5)のいずれかを併用する。
1)アラミスト 点鼻  (ステロイド) 
2)ザイザル  (第2世代抗ヒスタミン薬)
3)アレグラ    (第2世代抗ヒスタミン薬)
4)ニポラジン  (第2世代抗ヒスタミン薬)
5)オノン シングレア  (抗ロイコトリエン薬)

3.くしゃみ、鼻水症状の重い患者

少量の経口ステロイド・抗ヒスタミン薬を使用します。
1)セレスタミン

 

 

 長岡内科医院 呼吸器内科消化器内科循環器内科内分泌代謝内科

住所:福岡県大牟田市倉永66-1  地図はこちら 

   (ふくおかけんおおむたしくらなが66-1)
TEL:0944-58-0909    FAX:0944-58-0911

WEBからのお問合せはこちらから

大牟田、みやま市の高血圧、糖尿病、生活習慣病病院なら長岡内科医院
Copyright (C) 長岡内科医院 All Rights Reserved

 

Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.