メタボリックシンドローム

最近メディアでもよくメタボリック症候群(通称メタボ)は取り上げられていますがどのようなものなのでしょうか?この病気自体はもちろん症状はないのですが、それに引き続き起こる動脈硬化による脳卒中、心筋梗塞などを予防することが目的です。継続して治療して下さい。

病態

以前よりいわれていましたが、糖尿病、高脂血症、高血圧、肥満は合併しやすいことがわかってきました。肥満などの生活習慣病の合併はメタボリックシンドロームと言われています。もともとエネルギーを蓄えている脂肪の組織が色々なホルモンやサイトカインを出し、糖、脂質代謝や血圧の調節に重要な役割をはたしていることが明らかとなってきています。特に内臓脂肪が重要な役割を果たします。内臓肥満が原因である糖、脂質代謝異常や高血圧の合併は、動脈硬化をより進め、脳卒中や心筋梗塞などの心血管系疾患の危険性を高めます。

診断

 内臓肥満(臍の高さで測定したウェスト周囲径が男≧85cm,女性≧90cm)があり
 ①高脂血症〔高トリグリセリド(TG)血症:TG≧150mg/dLあるいは低HDL-コレステロール血症:HDL-コレステロール<40mg/dL〕
②血圧高値(収縮期血圧≧130mmHgあるいは拡張期血圧≧85mmHg)
③空腹時高血糖(空腹時血糖値≧110mg/dL)
3つのうち2つ以上を合併する者をメタボリックシンドロームと診断します。
現時点で動脈硬化がどのくらい進展しているのか動脈硬化進展度の検査(頸動脈エコー、血圧脈波計)をします。

治療

生活習慣の改善

生活習慣の改善が必要です。食事や運動療法によるダイエットにより、血糖や中性脂肪、血圧が低下します。そして塩分控えめ(食塩7g/日以下)も大事です。お酒をいっぱいのむ人はお酒(ビール、焼酎など)を控えて下さい。タバコもいけません。

薬による治療

 メタボリック症候群の患者に個々の状態に合わせて最適な薬を処方します。
1.中性脂肪などの脂質代謝異常が主体な場合は中性脂肪を下げる効果のあるフィブラート製剤を処方、コレステロールが高い場合スタチン製剤を処方します。
 ベザトールSR
 リピトール
2.高血圧が主体の場合 インンスリン抵抗性を改善するACE阻害薬・長時間作用性Ca拮抗薬・ARBは、糖尿病になる可能性を減少させます。そのため、メタボリック症候群の患者の高血圧の治療は新しい種類の高血圧の薬を使用することが多くなってきました。
 ブロプレス
 ディオバン
3.高血糖が主体の場合 糖尿病ならば、インスリン抵抗性改善効果のある薬により血糖をコントロールします。この薬は中性脂肪や血圧の低下も期待できます。糖尿病になる可能性を低下させ、メタボリックシンドロームの患者では効果があります。
 アクトス

 メタボリックドミノ

メタボリックドミノとは、内臓脂肪の蓄積による肥満が原因となって、肥満、高血圧、高血糖、脂質異常症が起こり、さらに心筋梗塞、脳梗塞などの病気になり、人生を左右するような重症の病気へとドミノ倒しのように連続して起こることを指します。

メタボリックドミノが起こる前に対策を!

 

糖尿病患者さんへメッセージ

 糖尿病の患者さんへ:糖尿病を簡潔に説明

 糖尿病薬について:糖尿病薬について解説

糖尿病運動療法:運動療法の実際について解説

糖尿病グラフィティー:糖尿病患者さんへメッセージ

糖尿病合併症:糖尿病合併症の体験談を含めて解説しています。

動脈硬化抑制:生活習慣病から血管を守るためにはどうすればよいか。

食後高血糖:食事の後の血糖を下げるにはどうすればよいか。

                                         現代養生訓 参照    

高脂血症患者へのメッセージ  

動脈硬化を防ぐために:高脂血症→動脈硬化→心筋梗塞、脳梗塞を防ぐために

動脈硬化と高脂血症:高脂血症と動脈硬化の関係を解説しています  

動脈硬化検査のご案内:わずかな時間であなたの血管の状態がわかります。

               

                                        現代養生訓 参照

コレステロール大丈夫?健康診断でコレステロール値異常いわれた人は医療機関を受診しましょう。

 

 

 

 長岡内科医院 呼吸器内科消化器内科循環器内科内分泌代謝内科

住所:福岡県大牟田市倉永66-1  地図はこちら 

   (ふくおかけんおおむたしくらなが66-1)
TEL:0944-58-0909    FAX:0944-58-0911

WEBからのお問合せはこちらから

大牟田、みやま市の高血圧、糖尿病、生活習慣病病院なら長岡内科医院
Copyright (C) 長岡内科医院 All Rights Reserved

 

Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.