痛風・高尿酸血症

病態

 痛風は高尿酸血症が原因の尿酸結晶が組織に沈着することにより関節炎(痛風関節炎)を繰り返す患です。下肢の関節に好発する関節炎、特に足底の内側の出っ張り(第一中足趾節関節)に好発する関節炎で自然と改善することが特徴。高尿酸血症は尿酸値が7.0mg/dL以上の状態であり、尿酸が多く作られるタイプと尿に尿酸が出て行かないタイプの2種類があります。また高尿酸血症と痛風は男性に多いです。痛風,高尿酸血症は高血圧、高脂血症,糖尿病など動脈硬化を合併しやすいため、全身管理が必要です。

診断

 痛風はほとんどの場合、足底の内側の出っ張り(第一中足趾節関節)が赤くなり(発赤)、腫れてくる(腫脹)関節炎であるため見た目で診断がつくことが多いです。呼んで字のごとく、痛風は(風にあたっても痛い)激痛を伴うが、自然と症状が改善します。しかし高尿酸血症を放置すると繰り返し慢性となります。

治療

 尿酸を下げる薬でで尿酸値を正常に保つことで痛風関節炎の繰り返しが避けられます。ビールや嗜好食などの高尿酸血症を引き起こす生活習慣は内臓脂肪の蓄積によりタボリックシンドロームを発病させやすため、生活習慣、食生活改善(プリン体制限食とビールの制限、肥満の方はカロリー制限)が高尿酸血症の治療では最も重要である。痛風関節炎を繰り返す患者には薬を処方します。痛風関節炎を起こしていない患者には、尿酸値が8mg/dL以下の場合は生活習慣改善(ダイエット、プリン体を含む食事を避ける)に重点を置き、8mg/dL以上の場合薬処方します。

痛風の治療

 痛風の痛みにに対し非ステロイド抗炎症薬(NSAID:ボルタレン、ロキソニン)を投与します。痛みがあるときに尿酸の下がる薬を飲み始めるのは避けて下さい。何故なら、血清尿酸値を急に低下させると痛風関節炎が誘発されるからです。今まで尿酸降下薬を飲んでいる方で痛風発作が起こった場合は、尿酸低下薬は中止せずに内服続行して下さい。

1)ロキソニン またはケンタン(鎮痛薬)
  ムコスタ         (胃薬)
2)ボルタレン坐薬

高尿酸血症の治療

尿酸産生の多い患者は尿酸生成抑制薬で、尿からの尿酸排泄が少ない患者には尿酸排泄促進薬で治療しています。最近では痛風の型にとらわれずに治療できる薬が登場しています。患者の状態により薬を使い分けています。尿酸値が6mg/dL以下になるように薬の量を調整、長期間服用が必要です。また尿路結石予防、尿酸を尿に排泄させるために多くの水分をとり、多めの水で薬を飲むようにして下さい。

1)フェブリク10-40mg 1錠 1回   
2)ユリノーム  (25) 1-4錠 1-2回に分けて (尿酸排泄促進薬) または
  ザイロリック (100) 1-3錠 1-3回に分けて (尿酸生成抑制薬)
3)ウラリット(1g) 2-3包 2-3回に分けて

 

 長岡内科医院 呼吸器内科消化器内科循環器内科内分泌代謝内科

住所:福岡県大牟田市倉永66-1  地図はこちら 

(ふくおかけんおおむたしくらなが66-1)
TEL:0944-58-0909    FAX:0944-58-0911

WEBからのお問合せはこちらから

大牟田、みやま市の高血圧、糖尿病、生活習慣病病院なら長岡内科医院
Copyright (C) 長岡内科医院 All Rights Reserved

Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.