頭痛

頭痛は日常診療の中で特に多い疾患です。
頭痛の種類は大きく分けて、器質的異常がなく繰り返し起こる片頭痛、緊張型頭痛などの頭痛(一次性頭痛)と、頭の器質的疾患による頭痛(二次性頭痛)に分けられます。バットでたたかれたような頭痛や生まれて初めての頭痛、麻痺、呂律障害などを伴う場合は器質的疾患による頭痛(二次性頭痛:くも膜下出血、脳出血など)が考えられ速やかに精査が必要です。頭痛のほとんどが、神経学的に異常所見認めず、頭部CT、MRIなどの検査をしても明らかな異常がない慢性の経過をとる一次性頭痛です。
一次性頭痛は片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛がある。

片頭痛

診断

片頭痛は若い女性に多く、頭の片側に、ズキン、ズキンと拍動する頭痛であり、吐き気、嘔吐症状を伴うことがあります。光や音に過敏になったりすることもあり、日常の生活に支障をきたします。誘因として寝不足、アルコール、チョコレート、運動、入浴、ストレスなどがあり、もし頭痛の引き金となるようなものがあれば避けて下さい。

治療

頭痛初期

鎮痛薬(NSAIDs)またはエルゴタミン製剤に適宜吐き気止めを併用。頭痛初期の服用が効果的です。
1)クリアミン (エルゴタミン製剤)
2)ボルタレン  (NSAID)
3)プリンぺラン (吐き気を伴うとき)

頭痛中

1)ロキソニン
2)ボルタレン
2)ゾーミッグ(2.5)  
4)SS散(頭痛混合薬 当院オリジナル)
3)プリンぺラン (吐き気を伴うとき)

緊張型頭痛

 一次性頭痛の中でも最も頻度の多い頭痛です。両側性に後頭部などにギューっと締め付けられるような頭痛を感じることが多い。肩こりなど伴うことが多く、ストレスや睡眠不足などが誘因となります。
 ストレスを貯めずに、適度な運動をして下さい。肩こりには頭痛体操(頭を左右にゆっくり回すなど)、ストレッチ、低い枕、不安や緊張を取り除くような薬(抗不安薬)や筋肉の緊張を取り除く薬(筋弛緩薬)を使用します。
1)デパス (0.5) 3錠 3回に分けて  (抗不安薬)
2)ミオナール (50) 3錠 3回に分けて(筋弛緩薬)
3)ロキソニン
4)SS散

群発頭痛

中年男性にまれにある頭痛です。片側の目の周囲や目の奥の激しい痛みがあり、1回の頭痛発作は15分-3時間持続し、1回/2日~8回/1日の頭痛が数週~数か月間群発する。頭痛と同側に涙、鼻水など症状を伴うのが特徴です。

治療

発作急性期

経口や点鼻のスマトリプタンも有効性が高い。また、100%酸素投与は有効性が高い。
1)ゾーミッグ  (ゾルミトリプタン)
2)イミグラン (スマトリプタン)
3)100%酸素投与 7L/分で15分間吸入

発作予防

発作がないときのの群発頭痛発作予防にはカルシウム拮抗薬や副腎皮質ステロイド薬を使用
1)プレドニン

 

 

 長岡内科医院 呼吸器内科消化器内科循環器内科内分泌代謝内科

住所:福岡県大牟田市倉永66-1  地図はこちら 

(ふくおかけんおおむたしくらなが66-1)
TEL:0944-58-0909    FAX:0944-58-0911

WEBからのお問合せはこちらから

大牟田、みやま市の高血圧、糖尿病、生活習慣病病院なら長岡内科医院
Copyright (C)長岡内科医院 All Rights Reserved

Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.